買取の需要と流れ

トラクターやコンバインと同じように、田植え機もほとんどの農家で使用されています。そのため、高額なものが多く、中古であっても十分に需要があります。シンプル操作で歩行や乗用のものがありますが、大規模農家が減少している昨今、小さな機種でも十分に需要があるといってよいでしょう。

田植え機はディーゼルエンジンタイプ、ガソリンタイプ、マット苗タイプかポット苗タイプ、そして植え付けることができる面積も4条から10条までと、特に多彩な農機具の一つです。バリエーションも豊富であるため、まず買取を依頼するのであれば、自分の農機具がどのような年式でどのようなタイプか、別付けキッドによってどこまでの農作業が可能になるかといったことを、まず知ることが大切でしょう。年式だけでなく、性能によっても、買取の可否やその値段が大きく変わってきます。

買取の流れとしては、まず、買取業者に農機具の査定を依頼します。買取業者探しとしては、インターネットで見つけることもできますし、どこの業者にすればよいかわからない人は、一括査定を申し込むこともできます。そして、納得してから売買契約を締結して、現金で支払われることになります。その流れは非常にシンプルです。